自律神経失調症

「自律神経失調症ですね」
と言われてもピンときませんね。
それは医師にとっても同じようなものなんだそうです。
その定義があいまいなものなのに医師は患者さんに病名として伝えます。
どこがどうと化学的に説明ができないときに使いがちなんだとか。
よく聞く病名ではありますよね。
精神的な問題だなと、なんとなく納得してしまいそうです。
他の病院え他の病名が出たとしても医師にとっては“逃げ”の病名にもなるそうな。
精密検査をしても問題がありませんとなった場合。
こんなにおかしな症状があって辛いのに、治療の必要がありませんなんて言われても困ります。
いろんな検査をして時間もお金も使ったのに症状が改善される策がないなんて言われたら患者さんも怒りますよ。
そんなときに登場するのがこの病名だと学びました。