安楽椅子探偵、座間味くん

一冊丸ごとの長編も好きですけど短編で楽しませてくれる物語も好きです。
安楽椅子探偵ものは短編の方がサクッと決まっておもしろいかもなぁと思うような本を読みましたよ。
登場人物は科学警察研究所の女性と警視正の男性と、とある民間人の男性です。
民間人の男性の名前は明かされません。
しかし警察の中でもあだなになっている「座間味くん」という名前があります。
彼は警察が介入できない中でハイジャック犯を説得したことがある自分物でした。
科学警察研究所の女性がすでに終了した事件の話しをするんですけど、座間味くんはその事件に隠されたことを指摘します。
話しによっては、私も最初からここがおかしいと気が付きましたよ。
でも奥底にあるところまではわからず!おもしろいです。