肋骨の一番下の骨

肋骨の一番下の骨を抜いてしまうとくっきりとしたクビレができるそうです。
楽してクビレが手に入るわけですね。
しかし、ろっ骨がなんのためにあるのかって、体の内臓を守るためにあるわけですよね。
それを取るということは手術のときに内臓を傷つけて死ぬ危険性もあるのです。
先生はそこまで言ったのに、「細くなりたい」とか言った整形女は手術を決行しました。
整形しすぎで顔も完全に日本人じゃないです。
これが外国人だと言われればやはり、外国人はきれいだなって思います。
でも日本人でここまで変えたんだと思うとすごく気持ちが悪いです。
顔が美人になったり体が細く痩せていたら人生は幸せなんでしょうか。
モテルかもしれないけど整形しまくりなのを相手が拒否したらどうするんですかね。

病院薬剤師について

昨今の病院薬剤師の活躍は、色々な広がりを見せ、その活躍の場は、薬局だけにとどまらず、臨床への広がりもみられます。
そもそも医薬分業の拡大により、薬剤師自体の存在は、定数を削減される病院を非常に増えている事から、一方では、臨床への広がりを見せ、一方では、薬剤師が削減されているということは、事実なのです。

そもそも薬剤師の職場とは、以前は、薬局ではなく病院が筆頭に挙げられていました。
医薬分業が進展するまでは、病院に訪れる患者さんのための薬剤を急いで準備し、投薬していく。
また、いくら急いでも、待ちの長い患者さんにとっては、非常に長い間、薬をもらうために持たされたという経験もあると思います。
もちろん薬をもらうために、1時間も待たされるという事も、当時では珍しい事ではなかったとも思えます。

病院の薬剤師自体、薬局内でひたすら調剤に励み、まるで調剤をするロボットのようだったと、その頃を振り返れば、感じる事も多いと思います。
医薬分業により、その光景はなくなり、少し前の事が夢のようですが、今日の病院内の風景は、以前とは全く異なる状況と言えるでしょう。

さて、こうした医薬分業に伴い、そこに存在する薬剤師は、何をするか?と言えば、もちろん時として、院内に来られる患者さんのための調剤も行われますが、実際は、こうした状況に伴い、薬剤師の能力は、入院される患者さんへと向けられるようになっています。

医療費の抑制政策を受け、日本の病院自体、今後、長期入院の元となる療養型病床というものが減少し、治療型中心へ大きくシフトする事はもちろんで、病院が最適な治療効果を行うためには、薬剤師が求められる病院における役割の責任は、非常に重大となっているのです。
要するに、それだけ、今の病院薬剤師は、医療現場に必要不可欠な存在且つ、重大な責務を担う存在という事なのです。

病院に存在する薬剤師の役割とは、臨床による服薬指導をはじめ、TDM、薬剤の管理、院内製剤等から無菌製剤等があげられ、当然、従来通りの外来患者の調剤を行うというように、その業務は多岐にわたり、その責務も非常に重大となっております。
もちろん、その分、その仕事、役目を担う病院薬剤師のやりがいは大きいものとなりますが、就職事情を考えてみると、病院薬剤師における採用数は、非常に不足しており、病院薬剤師になりたいという志望者数は多いのに対し、採用数は極端に少ないという事が現実問題としてあげられます。

病院薬剤師の転職に関する情報はコチラをご参考下さい。