すい臓がんになる可能性

一週間で3.4回のみに行くだけでもすい臓がんになる可能性はあります。
急性膵炎はすい臓が溶けることなんです。
内臓が溶けちゃうなんて恐ろしいですよね…。
穴が開くのだって痛いだろうけど、それは手術で修復できるじゃないですか。
でも溶けてしまうということはもちろん、消えてなくなるということですからね…。
突然、悪寒がきてみぞ内あたりに捕まれるような痛さになるそうです。
なんの痛みでも嫌ですけど、お腹とかはとくにつらいですよね。
重症急性膵炎は声明を脅かす病です。
集中治療室で飲まず食わずの治療になります。
すい臓はインスリンなどのホルモンを分泌、消化酵素を分泌して消化を行う。
消化というと胃のイメージですけどすい臓もその役割をはたしています。
急性膵炎は膵液の出口が狭くなったりして炎症を起こします。

放射線科のドクターについて

放射線科の医師の仕事は、放射線を当てて病気の治療を行う「放射線治療」と、撮った写真を見て病気の診断をつける「放射線診断」があります。最近の高度な医療機器では身体のあらゆるところに針や管を通すことが可能になり、他の臨床医や外科医に代わって放射線科医が病気の診断や治療を行うことが多くなってきています。転職についてはコチラを参照下さい。

放射線治療においては、放射線科医は患者さんの病気の種類とその程度(進行度・転移度・悪性度など)を判断して、抗ガン剤などを使用した化学療法を含めた治療方法を決定していきます。放射線医は専門的な視点からどれだけの放射線を(量)、どの方向から当てるか(位置・場所)を決めます。治療中の診察や処置なども専門的に放射線科医が行います。

現在の日本の病院では放射線専門の医師が活躍していると言うよりは、放射線技師の方だけが放射線の技術を使った医療に従事している病院が少なくありません。しかし、放射線治療設備のある大きな病院では、放射線領域に特化した放射線科医がいるのが原則です。日本人の3大死因のNo.1である‘ガン’の治療においては、放射線がひとつの有効的治療法として確立しています。今後も急激に減ることはない‘ガン’との闘いにおいて、専門的見識から放射線技術を医療に活用できる専門医の需要は高まる見込みです。

放射線診断では、色々な写真から病気の診断をしていきます。胸の写真の影、胃や腸の透視写真、超音波検査の写真、CTやMRの写真、核医学検査の写真なども放射線科医の担当範囲になります。胸や骨といった単純な写真や比較的操作が簡単な写真に関しては、放射線技師の方は機械操作して撮影しますが、複雑な操作を要するものや精密検査などは放射線科医が直接担当し、診断報告書を作成していきます。

日本には放射線科専門医としての認定制度があります。放射線科専門医になるには、医師国家試験合格後、2年間の初期研修を経(研修医)、日本医学放射線学会が認定する研修機関で2年間放射線科診療の勉強を積みます。その後、認定一次試験に合格して放射線科認定医、更に2年間研鑽を積み認定二次試験に合格すると放射線科診断専門医、または放射線科治療専門医として認定を受けることができ、現在では5,000名以上の専門医が活躍しています。放射線診療が進むアメリカでは日本の約6倍、30,000人前後の放射線専門医がいますが、社会的ニーズとともに日本の専門医も今後、増加が予想されています。