珍しいタイプのじんましん

珍しいタイプのじんましんがあります。
それは目に出てきました。
まぶたが通常の3倍くらい腫れてきました。
週に何度か仕事をしているときになる症状でした。
物貰いのような症状で、ひいたり腫れたりする。
タオルや眼帯で目を隠しながら仕事をしていました。
眼科ではなく皮膚科にかかってみてはと助言されました。
血管性浮腫というめずらしいタイプのじんましんであることがわかりました。
唇に出ることが多い。
基本的にかゆくないので、じんましんで皮膚科に行こうと思う人が少ない。
まぶた、唇、または腸に出たりするじんましん。

浮腫
皮膚の表面よりも少し置くの方の血管が腫れてしまう。
表面yほり深いところが腫れるので皮膚の広範囲が腫れる。
いつ出てくるかわからない。