匂いが発生する真実

匂いが発生する真実はどこにあると思いますか?
汗の中から皮脂と水分を抽出します。
細菌が目に見えるようになって、その6時間後には匂いを発する赤い細菌が増殖しはじめます。
汗+皮脂=汗臭になるのです。
60代以上は枯草のような匂い、60年以下は油のような匂いとされています。
男性の皮脂の分泌量は女性よりも多い。
おじさん特有の匂いは加齢臭が原因だとされていましたが、30代から50代特有の中年臭というのがあるそうです。
皮脂の変化が年齢と共に変化するわけですね。
若いときなかったが加齢とともに酸化した皮脂が分泌されるのです。
中年臭は代謝機能が悪くなると汗の中に乳酸が多く含まれるようになって独特な匂いが発生する。
男性諸君は匂いに気を付けてもらいたいですね。(笑)