親の体罰禁止の賛否

児童虐待防止法で親の体罰禁止の賛否がありますね。
これは、親子関係にもよるんじゃないかと思います。
愛情があるからと言って体罰は駄目ですよ。
でもある程度の体罰のような暴力を受けても円滑な家族関係を結べる家族もある。
もちろん、暴力は絶対反対です。
でもしつけと体罰の線引きはかなり難しいです。
法律で決めたことによる抑止力になることには期待がもてそうです。
間接的・・長時間、正座や起立させる
直接的・・・殴る、蹴る
民法は明治時代につくられたものであり、かなりおくれている
運動会は日本とタイくらい
明治時代に軍事教練で子供の頃からたたき込まなければならないという考え。
ずっとひきずっている日本民法も明治時代からあり変更もされないなんて恥ずかしいですね。

コメントは受け付けていません。