助かる人の性格

助かる人の性格、というのがあるようです。
楽観的な人の方が助かる傾向が強くて誰か助けにくるだろうと楽観的に考えるとエネルギーを保存できて助かる確率が上がるからです。
次の手を考える余裕が出来る
用心深いのが良いとみせかけて備えは大事だけど悲観的なときは人は動きが遅くなる。
逃げ足が遅くなるということですね。
高齢者が決断力が遅いのは頭の中の情報が多すぎるからです。
脳の老化だけではなく、知識があるからとも考えられています。
米作の民族は集団行動が得意で日本人の特徴でもありますよね。
日本人は危機の時に人についていってしまう
リーダーがきちんと判断できる人かどうかが重要
災害時のリーダーに適しているのは外交的で情緒安定型の人でこういう人は少ない。

コメントは受け付けていません。