見るのはいいけど影響を考えると・・・

ネコ島特集というのをテレビでしていてそれはどうかと思っちゃいました。
私はネコは好きなので愛らしい姿を見るのは嬉しいです。
おもわずこちらは笑顔になるようなことばかりで、本当にかわいいですよ。
でも、こうやって報道することによって島にやってきて猫を捨てる人増えるという弊害はどうすればいいのでしょうか。
とあるネコ島の現状を知ってからはとくに気になります。
トランクの中に猫を入れて捨てにくる人はそこに住んでいる人のことなんて考えていません。
住民が注意したら逆切れをする人もいたようです。
自分が育てられないから、ここなら猫も幸せに暮らせそうだからって猫のことを考えてそうなことを言ってますが結局は自分のためだけの行いです。

買っちゃったのに

先日、久しぶりにショッピングに出かけました。
そんな中で夕方に突然の雨にあってしまいました。
たまたま目につくところにあったコンビニで500円のビニール傘を買いました。
店先でそれを広げて、遅れてくる知人との待ち合わせ場所であった駅へと向かいます。
無事に合流してお目当てのお店に行こうと駅から外へ出ました。
すると…。雨は…。止んでいました。
雨のあとの、あのピーカン晴れはなんなんでしょうかね。
ちょっとイラッとくる暑さになっていました。
蒸し暑いのに日差しがあって、さっき買った傘は荷物になるしイライラ倍増です。
日本の夏が、せめて湿気でジメジメしていない夏ならいいんですよね。
高温の国の人も湿気でばてているみたいですしね。

きぐるみが気になる

なんか面白いのでTwitterでフォローしているきぐるみが、私も知っているお店にくると聞いてちょっとときめきました。(笑)
たとえ中の人が汗だくでがんばっている普段は近寄りたいと思わないような加齢臭が匂いそうなおっさんだったとしても、一緒に写真を撮りたいという願望がちょっとだけあったみたいです。
ちょっとだけですよ!
実際に電車に乗って10分の距離だとしても、暑いし面倒だし、あんなところであんなものがいて近寄るのもちょっと恥ずかしいから行きたくない。(笑)
だってお店の回りが想像できるから、あの大きな着ぐるみはいったいどうやってあの現場に行くのかって不安になります。
お店の中は通路が狭いから大きい体のゆるキャラは無理かなとかね。(笑)

一ヶ月に使うお金

一ヶ月に使うお金を把握していますか?
私は気が付いたら洋服やメイク用品などよりも食べ物を買う金額の方が多いみたいです。
洋服などはなるべく安いものを購入しようとしていますし、ドラッグストアで買えるものはお店によって値段やポイントの付き方が違うからけっこう節約できてるんですよね。
家計簿などきちんと出費を把握しておかないと駄目ですかね。
食費だってもちろん高いものを購入していうるつもりはありません。
でも食べるのが一部趣味になっているところがあるような気もします。
食べることが大好きというわけではありません。
それでも毎日お菓子は食べちゃうし、お昼に感嘆に食べれるものをって買っちゃうんですよね。
ちょっと生活を考え直そうかなと思います。

そのコツはどうかと思う

冷めてもご飯をふっくらさせたままにするにはコツがあるそうです。
炊くときに氷を入れるとお米の吸水が違うって驚きですね。
氷を入れると沸騰するまでの時間が長くなり、コメがより多くの水を吸収しようとするからという科学的な照明があるんですって。
デンプンがやわらかくなるのでふっくらご飯になる。
3号に氷は150g
氷が入る分は水を減らす
あとハチミツを入れると米は噛んだら甘みを感じる
ハチミツを使うと口に入れたときにあまみ
ご飯のデンプンを糖に変えてくれる
3号に小さじ1杯半
ハチミツは水に溶かして入れる。
氷はともかくハチミツは抵抗がありますね。
余分なカロリーが入っているなって思っちゃうからです。
でもどうせなら一度チャレンジしてみようかなと思います。

信用できる食材

送料を払って遠くからお取り寄せする野菜を食べることが簡単に出来るご家庭はどのくらいあるんでしょうかね。
無農薬でつくられた体に優しい野菜、などなど。
でもそれって本当ですかね。
まあ、そんなことを言ったらすべての食べ物の安全性なんてわかるわけがありません。
自給自足でもしなければ自分の目で見て信じられる食べ物なんてありません。
なにもかも完璧を求めたら生きていきにくいので妥協して生きるしかないと思いませんか?
体に良いものや健康的なものが食べたいけれど安全と引き返にする高い野菜を買うのはしりごみしてしまう。
極端なほうにいかないように、その中間地点でなんとか折り合いがつかないものですかね。
国内の野菜は信用できますがそれだって生産者によるってことになりますからね。

触れずに測定

昔は水銀の体温計がありましたけど、電子温度計の方がなじみがあります。
赤ちゃんなどじっとしていられない子供用には、耳に差し入れてすぐに体温が分かるものもありましたね。
時間もかからず手軽な体温計はついに接触せずに測定できるものまで出来ちゃいました。
こめかみから2、3センチくらい話したところでスタートボタンを押して最短で2秒で体温が測定できるなんてすごいですね。
子供はもちろん感染リスクのある患者さんにも有効的。
そして体温だけじゃなく水面の温度も測れるんですって。
水面の温度を測る専門のものはもともとありましたが、一般人にも気軽に接することはなかなかありませんよね。
気になるのはお値段ですが体温計を新調するときに買うかどうか決めようと思います。

歯科医師や薬剤師にも?

政府が認知症対策についての関係閣僚会合開いたというニュースがありましたね。
認知症対策なんてもっと早くから取り組むべきことだったのに、腰が重いにもほどがあります。
その中で、歯科医師や薬剤師にも研修を計画しているってひとことにビックリしました。
私達薬剤師にいったいなにをさせるつもりでしょうか。
窓口で患者さんと相対するときに、認知症かどうかを判断できるように?とかですかね。
そりゃあ、初期の認知症に気が付くことは大切ですよ。
でもあまり力になれないような気がします。
それよりも介護費を減らした政府はなにを考えているんでしょうか。
担い手が育たなければ高齢化社会の日本は駄目になるのは目に見えています。
13年度から17年度までの「認知症施策推進5か年計画」も大切ですけど根本の見直しも必要です。

大掃除は寒いときじゃなくて窓を全開にしていてもいい気候のときにするべき。
と、毎年思っているのに気がつたら12月になっている、これまた毎年行事。
窓の掃除も一年に一回だけです。
普通は一ヶ月に一度とか掃除するものなんですか?
窓のさんとか目に見えるところにホコリが溜まっていたら拭いたりはしますけどね・・・。
窓自体も拭いたりはしませんね。
一年に一回掃除をする窓周辺。
掃除をしたあとに窓を開閉するとスムーズに動くんですよ。
ちょっとの力で、スーッとできたのでこれは一年分の汚れを取ったあとだからかと実感しました。
いつもだって力を入れて開け閉めしているわけではありませんよ。
それでも劇的に変わっているので、掃除をしないことを少々反省しました。

匂いが発生する真実

匂いが発生する真実はどこにあると思いますか?
汗の中から皮脂と水分を抽出します。
細菌が目に見えるようになって、その6時間後には匂いを発する赤い細菌が増殖しはじめます。
汗+皮脂=汗臭になるのです。
60代以上は枯草のような匂い、60年以下は油のような匂いとされています。
男性の皮脂の分泌量は女性よりも多い。
おじさん特有の匂いは加齢臭が原因だとされていましたが、30代から50代特有の中年臭というのがあるそうです。
皮脂の変化が年齢と共に変化するわけですね。
若いときなかったが加齢とともに酸化した皮脂が分泌されるのです。
中年臭は代謝機能が悪くなると汗の中に乳酸が多く含まれるようになって独特な匂いが発生する。
男性諸君は匂いに気を付けてもらいたいですね。(笑)