捕り物に姉が口を出してきます

初読み作家さん「捕り物に姉が口を出してきます」(著:神楽坂淳)
を完読。
ラノベのような表紙とタイトルの時代小説です。
中身も読みやすかったですよ。
13歳で同心見習いになった榊を中心に話しが進んでいきます。
異例の速さで同心見習いになり、子供ながらにちゃんと捜査して犯人を捕まえるわけです。
でもタイトルの通り、姉が口を出す。
口どころかお金やその他いろいろと手はずまで整える。
姉が同心になった方がいいんじゃないかね。
弟と姉のやりとりも面白いけど、自分はおもちゃ扱いされていても姉の事はちゃんと愛しているというのもいいですね。
あとは幼馴染が思いを寄せているのに全く分かっていないとか。
周りの人に恵まれていると幸せだってことはわかりました。